終わりの終わり・・・

  • 2018.06.23 Saturday
  • 06:50

大判、中判、35mm リバーサルフィルム。

 

デジタル全盛で、いよいよキャノンもニコンもミラーレス発売へ・・・

いや、そっちの話じゃ無くて、またこれは機会を改めて。

 

新婚当時、時は1996年。ネイチャーアクアリウム黎明期から全盛期へ。

増築した2階部分でネイチャーアクアリウム(およびディスカス、アピスト、卵目、虹蛇、有茎、エキノ、クリ、南米水草、イグアナ、サンゴ、海水、ちょびっとアフリカン、ヤモリ、トカゲ、あと何?)を楽しんでたわけですが、2度の漏水。正確に言うと、大きな水槽&たくさんの水槽過ぎて水替えに時間が掛かり、どうしても注水を忘れ外出したり他のことをしたり・・・。

新婚の新居の天井をバラ型で装飾。

 

折角とんでもない息子に嫁が来たと喜んでいるにもかかわらず、学習しない度重なる失態。

嫁に逃げられてはイカン!!ということで、親が見かねて自分たちの倉庫を半分明け渡し、そこで水槽を管理せよとのお達し・・・・この時点で、かなりのアクア廃人。ドラ息子えもんとその水槽小屋誕生。

 

 

それから20年。幾多の伝説を生み出した水槽小屋「ネイチャーアクアリウム研究所」。

いよいよ6月25日に取り壊されることになりました。
アクアリウムのために改装した小屋。
改装にあたっては、月刊アクアライフ編集長石津氏(当時)や故天野尚氏にも直接アドバイスを賜りました。
最後の雄姿をボロボロの網膜に焼き付ける。
色々撤去されてるので殺風景です。
こんなの世界中で作った人いる?
120cm水槽を解体して、背景の差し替え用プレートにしてる。
ガラス製なのでバックライトを使えます。
現「ライトスクリーン(ADA製) 」の原型みたいなもの。
ANL製は、120cm水槽まで対応します。ANL って久しぶりに書いた。(Amanoyama's Natureaquarium Laboratoryの略ね)
小屋周辺部分にも様々な残骸が・・・
屋外に放置しても、構造は崩れてません。さすがにウッドキャビネット!
自腹で耐久テストを行っております。たぶん7年目。
今、救い出そうかどうしようか悩んでいるV90。
たぶんまだ使える。レストアして使いたい気は満々ながら。。。
最後に手元に残しておいたウィルドグラス。
今回の撤去作業で割ってしまいました。残念。これが一番痛い。
このサイズ感、ガラスの薄さ。絶妙でした。
30cmキューブは楽しい水槽の筆頭でしょうか。

 

かの有名なドラ息子えもんの4次元ポケットも、今はもう空っぽ。

アクアリスト垂涎の水槽用クーラーの墓場。
当時、夢の設備でしたが、実際は夢しか無かった機材。
部屋全体を冷やしましょうが教訓。

 

外部フィルター墓場。プロテインスキマーもあります。

各メーカーいろんなサイズのいろんなタイプ出してましたね。
ヒーター内蔵タイプ、重宝しました。
でも、とっても危険。
キワモノ続出で楽しかったです。ジャレコ。

水槽墓場。解体して少しずつ処理。

オールガラス水槽の寿命はできるだけ守りましょう。

耐久年数を過ぎたものは、いつ爆発するか分からない危険分子です。
漏水テロリストと共に生活しているようなもんですからご注意を。

 

ブセ黎明期に貢いだ・・・いや、楽しんだときの鉢と初めて作った大型自作水槽台。

この水槽台ものすごく丈夫で、今でもびくともしません。おそらく15年以上は屋外放置。

 

自分の中では一番愛着の深かった150cm水槽。

ずっとウォータークローバーが繁茂しています。

こちらの水槽は、おそらく世界で初めてセラミックソイルを使用してレイアウトを試した水槽。

レイアウトコンテストを目指し、セラミックソイル発売直後に買いあさりレイアウトを組み、意気揚々としていたのもつかの間、メーカー発表によりセラミックソイルは硬度を上昇させます・・・のお達し。

イオン交換樹脂で硬度を調整しようにも150cm水槽だから、イオン交換樹脂まつり。

結局、満足いく作品にはならず、60cm水槽で急遽出品という、ADAに振り回された思い出深い水槽。

 

 

やっぱりアクリル水槽は丈夫ですね。

これも屋外放置10年選手。

 

様々なドラマを生んだ水槽小屋。

ネイチャーアクアリウム研究所の名前は残りますが、実体はこの世から消滅します。
ありがとう水槽小屋、さようなら水槽小屋。

 

 

さて、これからどうしたもんや・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

ADA LIGHT SCREEN for W60×36cm レビュー

  • 2017.12.28 Thursday
  • 22:12

まず最初にやったことは、水槽の解体。

年末だし、レイアウト崩れてたし、そろそろ次のコンテストへ向けて・・・いや、もうここ数年はただ出してるだけですけどね。

スダレ丸見えで、何とかしたかった。とはいえ、スクリーン貼りたくなかったし。



ただ、このライトスクリ−ン買う前に確かめたことがあったんですよ。

それはホラ、我々廃人の常用水槽って、アレじゃないですか、これこれ。



これのアソコはこんな事になってるでしょ。



制作時期によっては、土手の盛り上がりが・・・いや、この角の盛り上がりがスゴいのもあるんですよね。

という事は、このスクリーンの留め具が入らないこともあるかも。



ADAに確かめたら、検証してないってw
製品によって個体差があるので、何とも言えないってw

いやいや、すぐに確かめましょうよ。
全く使えないものか、もしかすると使えるものもあるようなのかぐらいは、すぐわかるでしょ。

ホントに手のかかる子。
ならばということで、人柱になってみました。

この金具、差し込み式でスポッと抜けるのかと思ったら、ねじ込み式でした。
無理矢理引きちぎりそうになった。(説明書に回すって書いてますね ↑ )



バラして、スクリーンの穴に入れてから水槽にセットします。



この穴に差し込みます。穴わかります? 角っこの長方形の色の薄いところが穴です。




この穴の部分が、スペリアの角の盛り上がったところからズレていれば、使用可となります。

ちなみに盛り上がったところだと、金具が入りませんでしたので、アウトです。

ドキドキしつつあてがってみると、どうやら大丈夫そう。




うむ、うまくセットできました。
金具が水槽のガラス厚より少し広いので、多少ガタつきはありますが、許容範囲内です。




ん?
なんかおかしいでしょ。

斜めってるでしょ。

そう、気になってたんですよ。

この電源コードのでてる場所。

入ったはいいが、別の問題が!




背面が絶壁仕様の水槽台でないと、この器具使いにくいです。
純正の水槽台使えよって事ですね。

もしくは、後ろギリギリいっぱいまでズラして無理矢理使う。

はい、後者採用。

バッチリ!!



ということで、めでたく保護シートの除幕式となりました。



う〜〜〜む、きれいなロゴマークは、やっぱり格好ええですな。




剥がした保護シートもったいないので、水槽台のガラス面に貼り付けてやりましたよ。

もうADA変態極まれりですね。

うっすらと・・・ADA



あのね10分もしないうちに、この指をおいてる部分熱くなってきてますよ。

電源コードがでている底辺部分全体がうっすらと熱いです。

熱いというよりか温い。

そう、例えればシートヒーターぐらいな感じ。



冬は底床の保温に良いかも。これは副産物的な機能ですね。

夏は常用しない方がいいかもしれません。

水無しで電気つけてみたけど、あんまりきれいでないですね。




あ〜グラデーションシート忘れてましたね。

静電吸着式なんですが、スペリアには少々使いづらいっすね。

まぁでも何とか装着。




いいすね。

スダレも見えないし。



水入れてみると、さらにこのライトスクリーンの効果がよくわかります。

はじめの状態、再び。


そして、出でよ!ライトスクリ−ン!!




これは良いっすな〜〜〜〜

ADA製品で今年のベストバイじゃなかろうか。


何も入れず水回してるだけでもご満悦なのでした・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


 

recent comment

recent trackback

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM