ADA 新製品 2機種開封!!

  • 2017.12.25 Monday
  • 16:35

サンタさんが枕元にNAグッズを落としていったので、レビュー!!

 

ひっさびさの正当派記事となるのか。。。カメラ話はどうなったという御批正は真摯に受け止めます。

でも、これ開封したいので。
さて、ADAからのおそらくは突然のアナウンスにより発売された2機種。
こちら、ど〜ん!!
VUPPA-II と LIGHT SCREEN for W60×36cm
先ずは、VUPPA-IIから。
VUPPA−I は、言わずと知れた丸型のあの扱いにくい油膜クリーナー。
とはいえ、あれだけで小型水槽を維持できるとか、まぁいろいろと遊んだ記憶があります。
20th記念でチタン製というのも発売されて、それが本当にチタン使われてるのかと調査した事もありました。
過去記事はこちら。
かなり変態記事になっております。
では、箱を開けましょう。
角形となりました。
 
スポンジが付いてて、後は説明書と保証規定、そしてACアダプター。。。。んん???
こ・これは・・・
USB端子!!
パソコンでも動くんじゃね?
これは、隠された機能か、進化を遂げた結果か!?
もう水槽の横にPCは必須ですね。
さて、お次。
待ってましたよライトスクリーン。
LEDは、製品開発の幅を増やしてくれますね・・・・って、遅いよ。
とうの昔に自作してたよ。
で、その記事リンクしたいんですが、もうありません。大昔に解約したプロバイダにアップしていた分で、もうリンク張れません。
元記事のデータも探せませんでした。
NA好きはカメラ好きですから、当然写真やってるとこの製品の発想は自然に沸いてくるので、みなさんも自作したことでしょう。
たぶん・・・おそらくやってたはず。やって無くとも頭の中にはあったはず。
具現化しました。やっと。
グラデーションシートが付属しているのは、なかなか良い演出ですね。
ADAもここまで来たかと思わせます。
製品に付属したら、もうみんな工夫しなくなるのでは?
おまけに、静電吸着なので手間がかからないです。便利な世の中になりました。
お〜〜〜これが、背面のロゴマークか!!
結構でかい。
昔のADAなら、ヘアライン加工したプレート引っ付けてただろうな。
ン?ちょ、ちょ、ちょっと待って!!
何これ?
気泡だらけのステッカー???
いやん、ばかん!!
いくらしたと思ってんのよぅ〜
なんか釈明文書いてないかと説明書読んだら、書いてました。
はぁ〜ひと安心。というか、そんなこと書かなければいけないような紛らわしいもの使わないで。
バ〜〜ンとロゴマークステンレスシートで貼って下さいよ。もしくはエンボス加工して下さいよ。
ちょっとした取り越し苦労的な不安。
これライトスクリーンの留め具なんですが、これを入れていたナイロン袋。
とても質感が安っぽい。このレベルのADA製品でこんな袋使うようなことなかったのに・・・・
それにしても、この製品箱から出しにくいんだよな。
どうすればいい?
とてもしっかりパッキングされてます。
怖くてまだ出してません。
さて、我が家の貧弱な環境では満足なレビューできませんが、これから使ってみます。
スペリアにライトスクリーンは、果たして設置できるのか?敢えて人柱に・・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

天野ロスで買ったもの

  • 2015.10.04 Sunday
  • 13:45
天野さんの関連記事も当面はこれで終わり。最後、暇な方おつきあい下さい。

8月4日の訃報を受けて、なぜか「天野尚」をネット検索してる内に買ってしまったもの・・・何もできずに買い物をしてしまったという。

来年のカレンダー・・・もちろんADA製じゃないですよ。
これ毎年出てたんですかねぇ。ADAのもの以外で発売されているものは全てを追いかけられないので見逃している物も多数あると思います。
これもその一つ。ジグソーパズルは買ってましたけど。





このカレンダー優れもので、フィルム風仕立てになってるので、バックライトで照らせばかなりきれいな壁飾りになるでしょうね。
来年自作してみます。



あと、これ。
買っていた気もしますが、気がついたときにはポチってました・・・。



訃報直後に購入して手元に届いてるのはこれだけ。
もう一つあります。直接は関係ないんですが、以下のもの。
Atmoph Window(アトモフ ウィンドウ)詳しくはこちら → http://atmoph.com/ja/product.html



これ4K 画像が写る額縁です。
動画も写せるし、静止画のスライドもいけると思います。
元々用意されてる画像を写すのですが、オリジナルで作成したものもいけます。

なぜこんなのを買ったというのは、もうお分かりだと思います。


ADAから天野さんの写真を買うという手もあるのですが、10万以上出してもワイドサイズだと上で紹介した額縁程度かちょっと大きいぐらいです。



どうせ買うなら写真展で展示されてるぐらいかあれのせめて半分ぐらいのサイズでないと私としては満足できないし、折角の大判の良さが十分に体感できません。でも金額がハンパなく高くなるので、現実的には普通サイズのものを1枚買えるか買えないか・・ゆくゆくはどれか一枚は欲しいなとは思いますが何にせよかなりの出費です。

そんなことで、この動く額縁に天野さんの写真をスライドにしてダウンロードすれば良いのではないかという結論に達した次第です。もちろん個人的な利用として。
クラウドファンディングなのですぐには手に入りませんが、届いたらまた紹介したいと思います。(2016年春発売)

私はちょうどキャンペーン中だったので、思いの外安く手に入る予定です。
今も受注はしてますが、少し高くなってます。
それでも定価よりは安く手に入るので、興味ある方はどうぞ。



あの写真展のパネルだと一枚いくらでしょうね・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


 

江口寿史と天野尚

  • 2015.10.02 Friday
  • 17:50

今回はかなり個人的趣味の内容です。
U-haの看板見て、ちょっと思い出して古いデータ引っ張り出しました。


その前に本日はディレクターズカットされた画像から。



新潟のショップ巡りで買ったもの。

プチプチにパッキングされたガーデンスタンド用のストレートパイプS。

トレジャーハンティングとして購入しましたので、使用しません。

ガーデンスタンドはまだ販売されてるようですから、これもまだ現行品なんでしょうか?? 

えらく古いようでホコリだらけでしたけど・・・

天乃山ネイチャーアクアリウムミュージアム行き確定です。







もう一つは、記事では泣く泣くカットした天野さんのイラスト。

有名ですよね。ものすごくうまいし。







私にとってのネ申2人が、奇しくも同時に集大成の作品集を出版。

10月1日に発売、江口寿史「KING OF POP」 と 10月10日発売、天野尚「創造の原点」

この2人が同時に机に並んでいると思うとちょっと身震いするほどです。







私も少なからずイラストには興味があって描いてたりもしてました。

でもアクアとは全然方向性が違いますけどね。

東京に住んでたときに、よほど吉祥寺の寿スタジオに弟子入りしようかと迷いつつ悶々としていた若い頃を思い出します。



20年ほど前に久しぶりに書いたものは、もろに影響を受けているというかそのまんま真似ているだけ。

当時Windows95で線画をスキャナで取り込んで、Photoshopで色塗ってたかなぁ。







カージナルガールね・・・実は一時期ちょっと流行りました。





当時のマシンスペックとしては、これが最大の解像度。







ヘッタクソですが、なんか背景の雲とかはいい感じのような・・・今もう書けないかも。



顔書いちゃうとモロ先ちゃんの写しになってしまうので書きませんでした。



これはまだオリジナルな方。



あまのやマン





まぁそんな感じのイラストが好きなんですね。





何の関係もないけど、ガツンと影響を受けた二人がほぼ同時に作品集を発売するなんて、なんかの因縁かと思いまして記事に・・・



全く個人的な趣味です。記事の内容も素っ頓狂です。ごめんなさい。





でも何か創作しようと思ったときに、常にお手本とする人がいるというのは幸せです。







アクア的には、いま私は白いワニに襲われています・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

にほんブログ村

天野さんお別れの会 番外編

  • 2015.10.01 Thursday
  • 19:30
昨日に引き続き「お別れの会」関連記事です。

受付で頂いたお品の紹介を昨日コロッと忘れてました。
で、とりあえずそれを紹介します。
家に帰って開けてみてビックリする物もありました。
何とも憎らしい・・・すみだの招待券、ペアで。
天野尚の大仕事、観に行っとけよという事でしょうね。
ジャーナルVol.240 追悼号ですね。記事の英訳文も付いてました。
絵はがき、ちょうど買おうと思ってたのでこれはうれしい。



お別れの会のお礼状。
天野尚の紙袋も良いですね。




じつは・・・受付をしていた2階にコンビニがありまして、香典袋が売っておりました。
ですので速攻購入して受付でお渡しいたしましたところ、以下のものが入っておりました。
こちらは香典を差し出した人にのみ渡されたブツでございます。
10月発売予定の新しい写真集。(写真展会場でも先行発売していたようですが、すでに売り切れとなっています)
天野尚ファンは必読の一冊です。お礼状の裏面はきれいな風景写真になっています。




お別れの会が終わり会場を後にした私は、折角の新潟ですのでショップ巡りへ出かけました。

ターゲットは以下の5店。

・諏佐養鯉場 LOWKEYS新潟(新潟市東区新川町339)
・AP.バーン(新潟市東区上木戸2-17-7)
・アクアプラザ 都屋(新潟市中央区高美町1-21)
・水草と美魚の店A.t(新潟市西区山田662-5)
・Aqua Shop U-HA(新潟市西区小針2-9-10)

ショップ巡りは超久しぶりでワクワク感がよみがえりましたね。

まずは諏佐養鯉場。
久しぶりだったので、写真を撮り忘れまして・・・ギリギリ左端に看板が見えます。
鯉メインかと思いきや、充実の品揃え。
昔一度来たことがありましたが、NAに関してはかなりパワーアップしていて全国的にも屈指の名店ですね。
お見せの人も気さくに話しかけてくれて「天野さんはすごい人だったねぇ〜」と・・すでに伝説となりつつある事を実感しました。
過去形で話さなければいけないことに寂しさを感じます。


さて、お次・・・ですが、APバーンはお休みでした。
まぁ何度も足を運んでいるので。

そして、アクアプラザ 都屋。
ひっきりなしにお客さんが来ます。
さっきの諏佐養鯉場もそうでしたが、アクア熱高い土地柄ですね。
うらやましい。
広々してて、内容も充実。こちらも2度目の来店ですが、以前よりやはりNA関係が充実。
とにかくレイアウトするには困らないですね。


こちらも休みでした。水草と美魚の店A.t。
お別れの会があるので臨時休業のようでした。
会場にいらっしゃったんでしょうね。
なんだか往年の熱帯魚屋のイキフンがプンプンしていて、久々の入りづらさを感じました。
なぜか休みでホッとした不思議な感覚。


最後は、Aqua Shop U-HA。

何も言うことなし。
NA専門店と言ってもいいですね。
いいお店できてますね、新潟。
むちゃくちゃ恵まれてますね。この範囲でこれだけの店があれば、その気になったらすぐにコンテストで入賞狙えますね。
新潟の人、言い訳できませんねぇ〜

アクア熱を呼び覚ますのに十分な内容の充実したショップ巡りを終え、お別れの会の一日が過ぎていきました。


そして、明朝!!
・・・・まだ続きます。

快晴の新潟晴れの一日が始まりました。
ホテルの部屋から、ムリクリ佐渡島を眺める。うっすらと見えております。


朱鷺メッセ横の日航ホテルを後にして、一路写真展会場へ。
それにしてもいい天気。



新潟市内から50分ほどで会場へ着きます。
間違って第2会場へ先に来てしまいました。


美術館の方にお願いして、内部から風景をパチリ。
このすぐ右側に天野さんの写真が展示してます。
第2会場は木の写真のみ。



大判カメラで撮影した写真はどれも解像感がハンパないんですが、同じ大判でも5×7と11×14ではその差は歴然。
11×14の解像感は恐ろしいですよ。
樹皮や葉っぱの一枚一枚の階調がもう段違いです。これから行く人には、是非そこを見比べてもらいたいです。
8×20は世界最大サイズなんですが、縦辺は11×14の方が大きいですから、それで撮影した写真は必見です。


第1会場へ足を運びます。
もう圧倒されました。
そしてたっぷり時間を掛けて鑑賞しましたが、何にせよ人だかり。
平日の昼間、そしてこの山間の会場でこれだけの人が見に来る写真展って、そうそう無いように思います。
大人気ですね。
アクアリストらしき人は私以外はいないようだったので、一般の方々がこれだけ大勢見に来ているというのもちょっと嬉しかったですね。
天野さんのすばらしさが、もっと一般の皆さんに浸透していけばと思いました。



写真展を見終え、新潟市内へ帰りますが、その道中あそこの前を通ります。
あそこです、あ・そ・こ。

ほらチョコッと先っぽが見えるでしょ。


ADA本社ですね。
入っていこうとしたら、彼に羽交い締めにされ止められました。
いや実際は、やんわりと邪魔ですよみたいに言われはしました。
立ち入り許されず!!
まぁ当たり前ですけどね。




ADA周辺の風景。
懐かしのアンテナショップや開けた新潟の風景、天野さんのルーツに思いを馳せて。




やることやった感がありますが、まだ最後にやっておかなければいけないことがあります。

万代バスセンター2階「みかづき」へ行かなければネイチャーアクアリストではありません。
真のネイチャーアクアリストは、ここで必ずソウルフードを食べてからバスに乗ります。


ソウルフード「イタリアン」!!
焼きそばの上にミートソースが乗って、なおかつ甘酢ショウガ・・・で、イタリアンって!!
なぜかちゃっちいプラスチックのフォークで食べることを強要されます。
サンクスフェアで270円也。安い。
麺がモチモチ、甘酢ショウガがきいております。


もうひとつ、タレカツ丼というのもあります。
これは邪道ですが、和幸のタレカツ丼。全国チェーン和幸の新潟限定メニューです。
本家に行く時間がありませんでした。


まぁ、そんなわけで、新潟を満喫しました。

今年はパーチーがないということでしたが、こうなることが分かっててだったんでしょうか?
ADAで私が門前払いを受けたのは、おそらく海外組の接待バスの到着時刻だったみたいで、そんなデリケートな時間に一人でウロウロしてる訳の分からない危ない感じのヤツを本社に入れるわけにはいきませんよね。
いつも通りの海外組ご接待やってたみたいですね。
本当に社員の皆様ご苦労さんです。

でも、もう大判カメラ担いで山登りが無くなってしまうと思うと、そちらは少し寂しいんではないでしょうか?


最後にリスボンの写真で締めくくりたいと思います。


久しぶりにADAの面々にお目にかかって分かったことは、私を知ってるような社員さんは古株の偉いさんばかり也。
それだけ歳を取ったという事、寂しくも充実とパッションの2日間でした・・・


ギャラリーどうなっちゃうんでしょう・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

天野さんお別れの会 完全版

  • 2015.09.30 Wednesday
  • 14:22
いろんなネイチャーアクアリストがいろんな国から駆けつけてたようなので、いろんな記事がアップされると思います。
前日泊で佐渡島行った人やら、みんなで宴会してる人やら、ギャラリー行った人もいるでしょうね。
もちろん写真展も。
みんなそれぞれの時間を過ごし、その時を待っていたのでしょう。


私は一人、しんみりと新潟へ。

朝の7時前に空港着。(伊丹)
さすがに見渡してもアクアリストらしき人はいなかった。
顔見知りでもいるかと思ったが、月曜日の朝から新潟へ飛ぶような人はいなかったらしい。
後の時間帯でも十分終了まで間に合いますからね。



待合の目の前に停まってたけど、この大きなのじゃなく下の小さいの。↓



バスで行くんですよね、伊丹空港の端っこの方に。
昔ADA行くのに搭乗時間ギリギリになって、滑走路を走らされたことありました。ゼーゼー言いながら離陸したのを覚えてる。


空港からリムジンバスで新潟駅に。
南口の新しい方に到着するんですが、やはりここは万代口を見ておこうと思い旧駅舎をパチリ。
もしかするともう来ないかもしれないので記念に。

バスへ乗り約10分ほど。
朱鷺メッセ到着。午前10時半頃。



玄関でADA社員さん達の出迎えがありました・・・が、何か分からず、他に大きなイベントでもあって黒服の人たちが並んでVIPを出迎えてるのかと思い、横の方からその出迎えを避けるようにこっそりと入ってしまいました。

2階が受付でした。
受付行く前に目に入ったのが、実はこれ。

どネイチャーなアクアリウムがボ〜〜ン!!
うわ、すごい!!という次に襲ってくる感情が「もう新作が見られない・・・」
いつもにも増して目に焼き付けようと必死です。
10分ほどいました。



受付に行くと香典受け取ってました・・・用意してなかった。
最近、うちの地方では香典を受け付けないのが一般的でうっかりしてました。

受付を済ますと粗供養?を手渡されます。まぁ記念品的なものですね。
これは後ほど紹介します。

3階は偲ぶ会の会場です。



名だたるショップや関係者からの花束の嵐です。
私もお供えしたかったなぁと思いましたが、全然どうすればいいか分からないししょうがないですね。

写真パネルが数点展示されていました。
開始までの時間、じっくりと拝見。




そして4階が献花会場。
昔懐かしの顔が並びます。私は3枚目ぐらいの印象が一番強いですかね。




会場内は撮影禁止なので、すんごい祭壇は撮影できませんでした。
そのうちに、ジャーナルやら動画で紹介されるでしょう。
雰囲気だけなら、別会場で映し出された映像でお伝えできます。
プラントウォールの真ん中に遺影があり、これの手前に遺骨と位牌が安置されてました。


献花は、背の低いアクリル水槽に花を浮かべる形式でした。
アクアリストらしい、そして自然を愛した人らしい演出でした。


献花をし、偲ぶ会の会場へ。

はじめに目に入るのが大判カメラ。
もう扱う(扱える)人がいないんでしょうか?
私なら使えますよ・・・いや、天野さんに100年早いと言われそう。
展示資料にしておくのは勿体ないですね。
せめて、社員さんでも使ってあげて欲しいです。シャッター切ってなんぼですからね。
メンテの空シャッターだけではカメラがかわいそうです。



会場内には、たっぷりと食事が用意されてました。
一般参加者は、たぶん何も知らされていなかったと思うので、腹ごしらえをして会場入りした人も多かったのではないでしょうか。
私もその一人。



会場内には、天野さんを偲ぶコーナーがあり、ずっと人だかりでした。



この写真で、写真家天野尚が誕生。ルーツですね。
もちろん、小さな頃からカメラ好きで上手だったと思いますが、大きな賞の後ろ盾というのは、芸術家にとって想像以上の効力をもたらします。世間に認められてこそです。





良い戒名です。ぴったり。


この本は、2冊ボロボロにしました。
初めて開いたときに衝撃が走ったし、何もかもの始まりだったと思う。
もしかすると私は、この頃のレイアウトをずーっと追い求めてるのかもしれない。
結局この写真集に載ってるようなレイアウトが作りたいだけなのかなと思うときもある。





フィナーレは感動の大合唱「上を向いて歩こう」



動画をアップしました。
ちょっとブレます。
気分悪くなりそうなら見ないで下さい。ADAがまた後日良い画像のものをアップすると思います。


山先生の弔辞。





フィナーレ、感動の大合唱「上を向いて歩こう」




以上、天野さんのお別れの会 完全版でした。




後日、番外編アップします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
 

弥彦

  • 2015.09.29 Tuesday
  • 10:42
写真展を堪能しております。
迫力がちがう。
11×14は特に。
第二会場より。

道中

懐かしいショップ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

上を向いて歩こう

  • 2015.09.28 Monday
  • 13:58


上を向いて歩こう 大合唱終わりました。

新たなる伝説に向けて、天野尚は旅立った…


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

社長を偲ぶ会

  • 2015.09.28 Monday
  • 11:39





色々あります。
首筋に天野尚のタトゥーした人がいました。
ヨーロッパの人っぽい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

さらば社長、新潟へ発つ その2

  • 2015.09.28 Monday
  • 10:17
朱鷺メッセへ到着。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

社長の後ろ姿・・・

  • 2015.08.08 Saturday
  • 17:28
久しぶりに連続投稿。

目の前にぶら下がっていたニンジンがなくなっても走り続けるのだろうか?
ちょっと違うか。

この人の背中。



近いな・・・しかし遠い。


盆栽も好きだった。庭師とは喧嘩してたけど。
まぁ、あの感性は伝統的な技法にがんじがらめの庭師には受け入れられないわな。
理解できなかったのでしょう。
遠州ぐらいの人でないと話し合わないかもね。

本社にもありましたね。




私も帰ってから作りました。
ちっちゃいの。



八海石は似合うね。

あの世でがぶ飲みしてんだろうなぁ・・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

recent comment

recent trackback

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM