終わりの終わり・・・

  • 2018.06.23 Saturday
  • 06:50

大判、中判、35mm リバーサルフィルム。

 

デジタル全盛で、いよいよキャノンもニコンもミラーレス発売へ・・・

いや、そっちの話じゃ無くて、またこれは機会を改めて。

 

新婚当時、時は1996年。ネイチャーアクアリウム黎明期から全盛期へ。

増築した2階部分でネイチャーアクアリウム(およびディスカス、アピスト、卵目、虹蛇、有茎、エキノ、クリ、南米水草、イグアナ、サンゴ、海水、ちょびっとアフリカン、ヤモリ、トカゲ、あと何?)を楽しんでたわけですが、2度の漏水。正確に言うと、大きな水槽&たくさんの水槽過ぎて水替えに時間が掛かり、どうしても注水を忘れ外出したり他のことをしたり・・・。

新婚の新居の天井をバラ型で装飾。

 

折角とんでもない息子に嫁が来たと喜んでいるにもかかわらず、学習しない度重なる失態。

嫁に逃げられてはイカン!!ということで、親が見かねて自分たちの倉庫を半分明け渡し、そこで水槽を管理せよとのお達し・・・・この時点で、かなりのアクア廃人。ドラ息子えもんとその水槽小屋誕生。

 

 

それから20年。幾多の伝説を生み出した水槽小屋「ネイチャーアクアリウム研究所」。

いよいよ6月25日に取り壊されることになりました。
アクアリウムのために改装した小屋。
改装にあたっては、月刊アクアライフ編集長石津氏(当時)や故天野尚氏にも直接アドバイスを賜りました。
最後の雄姿をボロボロの網膜に焼き付ける。
色々撤去されてるので殺風景です。
こんなの世界中で作った人いる?
120cm水槽を解体して、背景の差し替え用プレートにしてる。
ガラス製なのでバックライトを使えます。
現「ライトスクリーン(ADA製) 」の原型みたいなもの。
ANL製は、120cm水槽まで対応します。ANL って久しぶりに書いた。(Amanoyama's Natureaquarium Laboratoryの略ね)
小屋周辺部分にも様々な残骸が・・・
屋外に放置しても、構造は崩れてません。さすがにウッドキャビネット!
自腹で耐久テストを行っております。たぶん7年目。
今、救い出そうかどうしようか悩んでいるV90。
たぶんまだ使える。レストアして使いたい気は満々ながら。。。
最後に手元に残しておいたウィルドグラス。
今回の撤去作業で割ってしまいました。残念。これが一番痛い。
このサイズ感、ガラスの薄さ。絶妙でした。
30cmキューブは楽しい水槽の筆頭でしょうか。

 

かの有名なドラ息子えもんの4次元ポケットも、今はもう空っぽ。

アクアリスト垂涎の水槽用クーラーの墓場。
当時、夢の設備でしたが、実際は夢しか無かった機材。
部屋全体を冷やしましょうが教訓。

 

外部フィルター墓場。プロテインスキマーもあります。

各メーカーいろんなサイズのいろんなタイプ出してましたね。
ヒーター内蔵タイプ、重宝しました。
でも、とっても危険。
キワモノ続出で楽しかったです。ジャレコ。

水槽墓場。解体して少しずつ処理。

オールガラス水槽の寿命はできるだけ守りましょう。

耐久年数を過ぎたものは、いつ爆発するか分からない危険分子です。
漏水テロリストと共に生活しているようなもんですからご注意を。

 

ブセ黎明期に貢いだ・・・いや、楽しんだときの鉢と初めて作った大型自作水槽台。

この水槽台ものすごく丈夫で、今でもびくともしません。おそらく15年以上は屋外放置。

 

自分の中では一番愛着の深かった150cm水槽。

ずっとウォータークローバーが繁茂しています。

こちらの水槽は、おそらく世界で初めてセラミックソイルを使用してレイアウトを試した水槽。

レイアウトコンテストを目指し、セラミックソイル発売直後に買いあさりレイアウトを組み、意気揚々としていたのもつかの間、メーカー発表によりセラミックソイルは硬度を上昇させます・・・のお達し。

イオン交換樹脂で硬度を調整しようにも150cm水槽だから、イオン交換樹脂まつり。

結局、満足いく作品にはならず、60cm水槽で急遽出品という、ADAに振り回された思い出深い水槽。

 

 

やっぱりアクリル水槽は丈夫ですね。

これも屋外放置10年選手。

 

様々なドラマを生んだ水槽小屋。

ネイチャーアクアリウム研究所の名前は残りますが、実体はこの世から消滅します。
ありがとう水槽小屋、さようなら水槽小屋。

 

 

さて、これからどうしたもんや・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

 

ご無沙汰しております

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 07:06
閲覧者各位
そもそも閲覧者がいるのかどうかも怪しいですが…
放置家屋の取り壊し基準が細かく決まったようで、ここもそれに該当するぐらいの放置状態。
1800の計画も中断したまま、5か月が経過しました。
全く何もしていませんので、ブログ記事の最後の状態のまま放置しております。
何とか今年のコンテストに間に合わせるために45cm水槽で息絶え絶えにレイアウトを維持しておりますが、初の4ケタ台覚悟の出品です。どんな状態であれ出品はします。
5月末までいってもグサグサだったらデジカメで撮って出しします。
この辺の敷居の低くなったのは、良くも悪くも世界コンテストの功績かもしれません。

パーチーも今年からやらないという噂ですが、どうなんでしょう?
やっぱりやるよとなりそうな気もしなくはない。
上位10名ぐらいは社長の家へ呼んでホームパーチーでいいんじゃないでしょうか。
もしくは台湾あたりで開催すればいいのに。なんもくだらない企画しないでも、普通に立食かコースで、表彰式と台湾の踊りで十分です。のど元で鉄の棒曲げるような超人さんのショーでもいいです。
自分たちもほぼ見てるだけですから、今までよりはずいぶん楽になると思いますけど。
写真集も上位100位までにして、その分作品の制作意図を掘り下げた内容で文字ベースで誌面を充実させて、巻末に200位までは写真のみ。それ以下は名前のみ記載で十分です。ちょっとはコストが低くなると思う。
おみやげは缶バッチかステッカーひとつで喜ぶでしょう。もしくは社長の未公開作品の絵葉書セットとか。

ジャーナル、買ってはいますが隅々まで読んでない…という人も多いのでは?
季刊誌にして以前の「SUKEI」的なものでいいんじゃないでしょうか?
レイアウト作る→コンテストを目指す→ジャーナル読んで勉強・・・のラインが崩れてしまってます。
コンテストで好成績の作品と、ジャーナルの内容と世界観が乖離してしまった。
これはここまでの世界コンテストでの審査を巡る諸問題を整理せず放置してしまったが故の弊害でしょう。
小手先の改革はやっていたのかもしれませんが、抜本的な対策をしたのかというと疑問符が打たれます。
時代の流れと安易に解釈はしたくない、写実主義への傾倒でした。

それにしても海外と日本との美的感覚の違いというのを肌で直接感じた事象でしたね。

でも、海外の人は日本の石庭や禅に興味を持ちますよね。
近づきたいんだけどワケわからんで、結局海外的に解釈して、まぁええかみたいな流れでいろいろ広まってます。
NAもそんな感じですね。
純粋なNAを制作できるのは、やはり日本の里山感覚が身に染みてないと難しいのかなと。

1995年は一つの転機でした。それから20年。
NAのさらなる発展と純NAを後世に継承するため、このブログはもう少し続きます。


いや・・・そんな大それたこと書けるような立場ではありません。
なんせ5か月ぶりに、気まぐれな更新してるだけですから。

初咲き

  • 2014.06.17 Tuesday
  • 06:46
今年の初咲きです。


実は今シーズンは、とんでもない玉を仕込んでます。
こちら、天然記念物のハス。


開花は、まだもう少し先ですね。
開花したら詳細をお伝えしたいと思います。

いよいよ梅雨本番ですけど、全然雨降らないです。


謹啓 タナカカツキご一同様

  • 2013.05.02 Thursday
  • 06:40
 謹啓 木々の緑が薫風にそよがれて、見目眩しい季節となりました。タナカカツキ様ご家族そしてお仲間ご一同様におかれましては、ますますご発展の段、誠にお慶び申し上げます。
 この度は、すばらしきインドア大自然「水草水槽のせかい」なるアクアリストいや水草レイアウター待望の玉本の如き書籍を発刊されました事、大慶至極に存じ上げ奉り御座候

・・・・・・・・・・・・敬具・・・・って、書いてるうちに同じになっていく。


この間、ワサビで買ったもので、水草以外ってこんな感じ。





そうそう、これこれ。





久しぶりに、本を一冊読むという快挙を達成しました。それも一気に30分で。
それだけでもありがたい。
よっぽど村上春樹ってやつを読もうかと思ったんだが、こっちの方が絶対に身になると思った。
芥川賞はあげられませんが、アクアリウム界で一生食っていける天乃山賞あげましょう〜
言いふらすのは自己責任で・・・


今をさかのぼる事、17、8年前・・・ホームページ黎明期。
この本の内容と同じ事を、慣れないHTML直打ちでアップしてた頃を思い出しました。
なんとか水草人口を増やしたい。
わからない事は何でも聞いてください的に、寝食を忘れ、BBSへのレスやメールで質問へのレスをしてた頃。

とても熱い思いを思い出させてくれる本でした。

初心者向けに書かれているようですが、ベテランの方々も、中だるみの方々も、この情熱を受け取り、またあの熱い思いを再燃させねばなりません。


という事で、ネ申ダナに・・・・





フィギアを入れていいというのと、石を入れすぎると硬度が上がりますよって断言してる所に時代を感じた。


この本に登場する方々、今をときめくレイアウター。
楽しい本をありがとうございました。

辺境より皆様方のご活躍をお祈りしております。



どうしても熱帯魚は、難しい、手間がかかる、お金がかかるという三悪を払拭せねばならないし、まずは熱帯魚のくくりだけで語られる事をやめさせられるように、水草の世界を世間に認知させ、一分野として独立して語れるような環境を作り出さなければ今後につながらない。
そして、環境問題と絡ませて世に認知させたいが・・・・ここに問題が出てくる。
環境問題を意識するきっかけになるのはいいが、心ない業者や趣味家たちが自分の知る所、知らない所で環境破壊を促進している現実もある。
その辺をフォローできるような仕組みの樹立も、もうそろそろ真剣に業界、趣味家全体で取り組まなければ、この趣味の明日は無いと思う。


O氏の組んだレイアウトに流木一本多いよって、勇気を出して言ってみて・・・ポチッとな

夏っかよ!

  • 2012.07.26 Thursday
  • 08:16


 花火上がって









ハス咲いて









花火上がって











ハス咲いて













花火上がったら










いやでも夏になったなと思う。


そろそろ手抜き記事が増えていきますよ・・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

画伯降臨!!

  • 2012.03.04 Sunday
  • 19:33
 子ども達が、サザエさんを見ながらマッキーで落書きしてたので、一緒に座って書いてみました。

思春期のややこしいヤツらと一緒に何かするという機会は滅多に無いので、久々に腕の見せ所・・・



タラちゃん JOE作



ちょっと小憎らしさが出てしまったか・・・


サザエさん  JOE作



ちょっと老けてきた頃。


とかいいながら子ども達にウケを狙ってると・・・・

向かい側に座ったのは、最強の絵心を持ったワイフ画伯。


みんながサザエさんシリーズで盛り上がってるのに、スラスラと書いたのは

あろう事か・・・・・・・



み・耳? 耳あるのに鼻が・・・

4次元ポケットが胸にwww

服来てるし

画伯はいたって真面目に書いてます。


とどめは





画伯の画力の前には全て吹き飛びます・・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

トリカラー気味の凄いヤツ

  • 2012.03.02 Friday
  • 19:28
お久しぶりです〜〜

ネットはやってたんですが、ほぼ仕事上の作業ばかりで更新おろそかになってましたw

その間にもいくつか導入したものとか、コンテストの撮影とかもやってたんですけどね。

更新だけさぼってました。


この間凄かったですね。
TB便は来るわ、AZ便も重なってて、その上LA便なんかも・・・

で、私のターゲットはこちらになりました。
メール着信が2月27日23時41分、5分後に一本釣りメール送信で第1希望の株を手にしました。

 Aglaonema cf. nebulosum ”北Sanggau” Kab.Sanggau



フルーツ付きでした〜 2つも。

元祖トリカラーに似た感じのはっきりしない感じのトリカラー気味っていうことだったんですが、その曖昧な感じがたまらなくって引きました。

でも、写真で撮ると結構はっきりしてますよ。
実際見ると奥ゆかしい感じのトリカラーです。
奥ゆかしいのがいいですね・・・何事も

いや・・・もしかして4色じゃね?





おまけが付いてまして・・・チュミチュミ君・・・じゃなくて


モス







あ、それと見逃してませんよ。

ピンクの。

ヤブコウジ?sp. ”Sanggau” Kab.Sanggau 





謎です・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

相互リンクについて

  • 2012.02.05 Sunday
  • 18:58
 現在、旧ブログから相互リンクの引っ越しをしています。
1つずつリンク切れや記事の更新状況をチェックしながらですので、時間がかかっております。

この機会にリンクしてやろうという方の申し出ももちろん大歓迎ですので、ご連絡ください。

旧ブログへリンクしていただいてる方はこちらへリンクの修正をお願いします。
また、天乃山ネイチャーアクアリウム研究所へリンクされている方も、当面はこのブログへリンクいただければと思います。

旧 http://amanoyama.exblog.jp/ ネイチャーアクアリウム的生活


新 http://blog.amanoyama.com/ NatureAquarium Life

相互リンクの引っ越しは、記事の更新が滞っている場合やこちらへのリンクが切れている場合は見送る事もございますのでご了承くださいませ。

また、ブセファランドラ的生活へのリンクも解禁させていただきます・・・というか禁止してたわけでもないのですが、人気がなくてリンクのお申し出がまったくありませんw
心ある方はそちらもリンクしていただけるとありがたいです。


ブセファランドラ的生活 http://ameblo.jp/natureaquarium/



ま、そろそろほとぼりも冷めたかな・・・という事でポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村




神畑便と関西アクア三角形

  • 2012.01.26 Thursday
  • 19:15
超絶ショップ センターB.B.が小売りを再開し、関西アクア三角形復活!!

自分の勝手な三角形なんですが・・・

レギュラーコース
かなりどんな分野でも揃いますよ。
Roots → テイラーズ → センターB.B.

大三角形もありますが・・・最近行く気にならないというか
行けないというか
水草工房fin → 京都熱帯魚(今ならWASABIとかマーサ、京都のfinなんかも) → 寝屋川かディスカウントアクア

いや三角形にこだわる必要は無いので、実際には他にも回りますけど。


神畑便が第1の目的。
Rootsにて。

120Hのシバダサニィが少ないので補充の意味もかねて比較して楽しむ為。
比較できる程の違いが出るかどうかは気持ちの問題?
クリプトコリネsp."ウッタラ・カンナダ"
カルナータカ州 ウッタラ・カンナダ県(Uttar(a) Kannad(a) district)
@2600




有茎はこれに始まりこれに終わる!!
スタンダード種のワイルドもの程そそられるものは無し!!
ガッツリとポリスペルマでいい感じ。
ハイグロフィラ・ポリスペルマ "イェルナークラム"
ケーララ州 イェルナークラム県(Ernakulam district)





ピナティフィダのバリエーションを楽しんでる人って世の中に何人居るでしょう?
なかなか面白いです。
まず前回入手の第9便"RATHNAGIRI"はオールグリーンに




今回入手の第13便ピナティフィダはオールレッド!!
ハイグロフィラ・ピナティフィダ”ウッタラ・カンナダ”
カルナータカ州
ウッタラ・カンナダ県(Uttar(a) Kannad(a) district)
@500




これも120H用のレイアウト素材として挑戦。
まだまだ時間があるので、ちょっとずつ増やして間に合わせようという魂胆ですが、案外手強そうな草体。

ロタラsp.
”ウッタラ・カンナダ” 
カルナータカ州 ウッタラ・カンナダ県(Uttar(a) Kannad(a) district)
@500






ちなみに関係ないですが、第12便のロタラ・プシラ”ワイナード”がコンモリッと展開してきてかわいいです。




あと、Rootsの在庫で鉄板な赤系水草を久々に・・サラッと紹介
レッドクロスプランツ


ギニア・ルド




葉っぱの楽しみ方も様々だと思いますが、レイアウトに使えるものかどうかを見極めながらワイルドものを楽しんでいくのもいいもんですよ。
世界3大産地別の水槽を設置して楽しむのが理想的ですね〜
魚や底床やら素材なんかも吟味して。



テイラーズでは、今年のレイコン用の魚を物色しましたが、現在南米カラシンがなかなか入ってこない状況との事で、自分の思い描いていた魚はどれも在庫無しでした。
とりあえず派手なこの子達を迎え入れ様子を見たいと思います。
一昔前は、かなりの珍カラだったですけどね。

レッドファントム”ルブラ”




最後、センターB.B.ではメンテナンスフィッシュを。

超絶ショップなので、値段も超絶です。
フライングフォックス 10尾880円






おっとっと・・・これだけは絶対にアップせよとのヒゲ男爵サマのお申し付けでございます。

でも、なぜか2つあるのですよ〜




おしゃもじは本来の使い方で使ってください・・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

そろそろ始めるかな

  • 2012.01.06 Friday
  • 22:28
去年はこいつにもやられた。

初入荷、2便目ともにいってしまった。

初入荷分、2便目ともにいくつか株分けできていて増やすのは容易いが、テカらせるのは至難の業という当たり前の感想。

これを自然に見せるようなデッカいテラリウム作りたいなと思う。

海外によく有るような、階段下のスペースをガラス張りにしたデッカいテラリウム。







ここにホマ用のケージをセットする予定。




なかなかいい具合で維持してたんですけどね。









このライトは、片付けるのが難しい・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


recent comment

recent trackback

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM