ダメダメなセッティングで水きれい

昨日の最後の画像。

これ、ソイルをシンメトリーに盛り上げてます。

水かけてます。

湿らしてます。

ダメな事ばっかりしてます。

パワーサンド使ってません。

おまけにソイルは2袋しか使ってません。

グロースプレート仕込んだ90cm水槽なのにです。




霧状の・・・あれなんて言うの?
シャワー? 如雨露?え?こんな書くんだ・・・
ホースの先っぽ。
とにかくあれを、霧状にして表面を湿らせてあります。

一晩あけて、一気呵成に石を組みます。

もう本当に一気にです。

躊躇してはいけません。

ソイルに置いてからは、寸分たりとも動かせません。粒がつぶれます。

水の濁りがひどくなります。

ですから置く前に石の面をよく見て、ソイルに置くときには迷い無く。

で、こんな感じに。




あの、ちなみにレイアウト水槽じゃないですよ。
ブセの育成水槽ですからね。

石組レイアウトとしては、ダメダメです。
ゴツゴツしてて面白いですけどね。
少しアレンジすれば、コンテストへも出せると思います。

これに、ブセを植え込んだり、石に巻き付けたの置いたりしていきます。
右側の大きい石が楽しみのひとつです。


この状態で、水槽前面のソイルのレベルぐらいがヒタヒタになる感じで、またもやしばらく置きます。食事します。


そして、注水。

水は濁りません。

そして、あの厄介なソイルのゴミもほとんど出ません。

指で2、3取るぐらいで済みます。

でも、この方法はお勧めしません。
自分の首を絞め、追い込んで石を組みたい人向けです。
石組マニアの人は試してみてください。
一つ間違えば、数ヶ月間・・・いや、レイアウトの完成を見ないままリセットもあり得ます。
シンメトリーのソイルセッティングもある意味トレーニングになります。
左右のバランスを取ろうと、自然に重心を意識します。
意識したら、それを左右どちらかに寄せれば、必ずシンメトリーが崩れて面白味が出ます。
(今回のこのセッティングはシンメトリーのままにしてます。って、だからレイアウトではないからね。それでもちょい左重心になってしまってますけど・・)




水面には、お決まりの銀河ができてます。




こいつは、ブッパでブラックホールのごとく吸い込んでいただきます。



すぐさまきれいになってくるので、フィルターも通水開始。




さて、あとはブセを植えていきたいと思いますが、今回はここまで。

ここからは、他の水草も物色しながら、ゆっくりと水草を楽しんでいきます。



石を置くのにためらいは禁物・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

コメント

格好良い!
岩組お勧めできないんですか?僕は凄く良いと思います。
じょえさんの写真を見て鍛えなければ!
リリィパイプってこれですか?
http://mizukusa01.com/11526-1%5B2%5D.jpg

  • bbwa
  • 2013/04/01 09:37

>bbwaさん
えぇ〜これ良いですか?ありがとうございます。
あんまり手本にはしないでください。
ほとんどなんも考えずに組んだものですから。

あ、リリィパイプはそれですよ。
昔のヤツです。
ハンドメイドの巧みの技が光ってます。

  • じょえ
  • 2013/04/01 22:47

?得一?的好?西,忍都忍不住推荐出来。

トラックバック
この記事のトラックバックURL