コトブキ「パワーショット」は本当にメタハラに取って代われるのか?


コトブキのLEDページ

パワーショットの説明PDF

一方、比較検討したテクニカのライトはこちら。

テクニカLEDライト90クリアー

色温度はどちらも10000K。(パワーショットは白色のみで7000〜9000K)
照度は直下30cmで、13500Kと17000Kでパワーショットに軍配が上がる。
この辺りのデータは、参考程度にしかならないと思うけど、やっぱり気になる所ではある。

設置方法は、パワーショットが吊り下げオンリーなのに対して、テクニカは直置き、リフト、つり下げと対応できて一見融通が利きそうだが、サイズが91cmなのでその実、それ以下の水槽サイズに設置するには不細工で、かといってそれ以上の水槽にはパワー不足であろうからあまり意味がない融通かもしれない。というか水槽サイズを変えるための融通ではなくて、照射距離調整のための融通なので、そんなことは想定外でしょう。(私が勝手に使い回そうとしているだけ)
なんにせよ設置方法の選択肢が大いにこしたことはないが、設置方法のしっかり決まっている私にはさほど重要な要素ではない。
45cm水槽2本(30cm水槽3本)並べて設置する場合にはいいかもしれないけど、そんなことしないので、やはり意味がない。
ただ、テクニカの91cmというサイズは水槽上面から満遍なく光が当たるので、水槽の隅々まで均一な光が当たるという点ではテクニカに軍配が上がると思う。

パワーショットの光を拡散させるレンズがどの程度なのかが気になる所である。
広告の文句も「ケントデリカット」が出てくる所に、一抹の不安が・・・

それともうひと月になる所は・・・
一般的な水草でしたら十分育ちます。 下の写真は、社内実験の様子ですが、飼育環境さえ整えば LEDライト(パワーショット)でも水草が育つことが、納得いただけるかと思います。」
という記述。
あんまり自信無いのですか?
「一般的な水草」「飼育環境さえ整えば」など逃げ腰なキーワードが入ってます。ある意味正直かもしれません。

後は、コンセント形状を比較しました。
パワーショットは一般家電製品のように、ストレートケーブルで普通のコンセントになってます。
テクニカは、ACアダプタがあってスイッチ付きのケーブルを接続してのコンセントなってます。
間にあるACアダプタとスイッチ付きのケーブルが厄介です。

で、実際に設置すると、本体が軽いもんだからコンセントの取り回しに少し気を使います。
取り回しという点では、どちらも厄介な面があるかもしれないですが、若干パワーショットの方がやはり便利かと思います。
テクニカのケーブルの長さにもよると思いますが、実際には使ってみないとわからないですね。

お好みで。





青色点灯(怪しいおもちゃ売ってる店みたいです)


青+白(最小)ちょい青っぽいです。


青+白(最大)自然な感じです。


白のみ


草入ってないので、よくわかりませんが雰囲気だけ。


スイッチが本体にあるというのはやはり便利ですし、ACアダプタ直結のスイッチ付きケーブルより高級感があります。
右側は、白色LED用の調光ダイヤルです。意味なく遊べます。



スイッチの反対側には、廃熱用の小型ファンがついてます。
これは知らなかったので、スイッチ入れた時にあれ?と思いました。
そんなに大きな音ではないですが、将来的にはへたってくると思うのでその時に気になるかもしれないですね。
感熱制御されているのではなくて、コンセントつなぐと回りっぱなしのようです。これは少し気になる所ですね。



意味は無いですが、点灯してる様子。
白色のみ点灯


青と白



パワーショットで一番悩んだのはここです。
これのためにアップが一日遅れました。

この四角い穴から、ケーブル吊り下げ用の金具を差し込むのですが、全くサイズが合ってません。
入りません。
金具が厚すぎるのとプラスチックカバーが出っ張ってるのとで、どうしようもないです。
悩みました。




こういう風にセットするんですが、かなり難しいです。
高級品なんだから、この辺なんとかならないのか・・・私はある方法で対処しましたが、ここには書けません。
割り切ったら簡単ですが、割り切るまで葛藤があります。



実際に水草が育つのかどうか、というか90cm水槽に適切なのかどうかはこれからの検証になります。

見た感じ、2基欲しいような気はします。2台並べてもメタハラ1台より消費電力は少ないです。
後はもう1台買えるのかどうかということ・・・


もう1台はテクニカにするという泥沼感・・・・ポチッとな

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
 
コメント

目の付け所がじょえさんぽいなぁと感心しましたw
さすがの製品レポートです!
ケントデリカットには笑いましたw
ファンがヘタったら、きっと分解して取り替えちゃうんだろうなぁと思いました。
PCファンでいけそうですもんね。

照射状態の写真がとてもわかりやすくて、
1人で納得してました。
育成レポートもお願いしまーす!(^^)

ほんだしさん、おっしゃるとおり、ケントデリカットは笑えますね。
ここでケント、使うかぁ、普通ww
元日に読んだら、初笑い、大爆笑、間違いなしです。
ってか、本人に許可得てるのか?

  • mongy
  • 2013/12/29 14:25

コトブキ…正直すぎるのも少しどうかと思いますw
実験水槽の写真のCO2拡散器、パレングラスっぽいのは気のせい…はい。
安いのに良い商品が何かと多いんですよ、コトブキ。
本体軽いからコードの取り回し悪いと本体傾くんじゃないですか?
軽いのは便利ですがそこが少し難点ですよね。

放熱ファンは近所のケーズに似た大きさのPCファン売ってましたw多分代用できると思いますよ

  • bbwa
  • 2013/12/29 23:29

>ほんだしさん
ファンは確実に改造対象ですw
育成レポートまでは時間がかかりますが、じっくり取り組みますので乞うご期待。

ケントデリカットはある意味鉄板です。

  • じょえ
  • 2013/12/30 15:54

>mongyさん
ケントに許可は得てないはず。
ケントと親しいはずも無い。
全くの畑違いの人物を引き合いに出すこのセンス。
時代もちょっと・・・

これは狙ってやってるとしたら、コトブキ恐るべし。

  • じょえ
  • 2013/12/30 15:56

>bbwaさん
あ、カウンターの事ですかね?
拡散器はセットしてないです。カウンターは今は亡き「ELOS」です。いや、海水の方ではまだ生きてますが。
コードは良いのか悪いのか、まぁ私はこちらの方が好きですが、面倒に思う人もいるかもしれないです。
これは好きずきですね。
本体は軽すぎず重たすぎずなのかもしれないです。
ただ、コードが必要以上に普通の家電製品みたいにしっかりしてます。

  • じょえ
  • 2013/12/30 16:00

百度自身的推广与SEO

??描述: 怎???的?具体地点

トラックバック
この記事のトラックバックURL