最後の想い出は文句を言ったこと

  • 2015.08.07 Friday
  • 06:17


この時が実際に話をした最後だったように思う。
(その後携帯でやりとりしたことはあったけど、それもあまり良い想い出ではない)

本当は行くつもりの無かったNAパーチーだったけど、成り行き上行かざるを得なくなり、無理を言って参加させてもらった。
その時のことが後になって尾を引いていたように思うけど、まぁ人生とはそういう連続です。

審査方法や評価のされ方に文句を言いに東京に乗り込んだ。
mochyさんも参戦し、私以上にヒートアップしていた。

企業としての運営もあり、我々オールドファンとの間にどんどん出来ていく歪みはもう修正しようのないものになっていた。
そういうことも含めてのADAであり、天野尚でもあるのだが、でもちょっとだけでも意見を聞いてもらえれば何かが変わるかとも思っていたし、私だけの思いではなく多くのユーザーの代弁でもあると思っていた。

パーチー終盤で話をしたときに、「まぁ分かってくれよ」という一言。
天野尚らしい言葉だった。たぶん厳しい選択の上での運営だったのだと思う。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
 
コメント
この出品作の右側にすみだの長尺水景が繋がって見えます。
この時も私は傍観者でした。
  • Coo
  • 2015/08/07 8:10 AM
〉cooさん

すみだの水景が先かワシのが先か…まぁワシのが1年前のものを撮影して出品してるんですけど、すみだで見た時妙な一体感がありましたな。
発想が染み付いてるのか、元々同じような発想なのか。
あの時、あの時点で手に入る素材を考えると、大型水槽にはこういう水景に自然となったんでしょうね。
ひとつ違うのは、ワシがレイアウトした時にはまだ苔玉みたいな水草ポンポン置けるのがなかったので、手間暇はかけてます。
  • じょえ
  • 2015/08/07 10:13 AM
あ、このレイアウトは見たことある!
ブログで作ってるのを拝見してました。
そして、文句をいいにパーティーに乗り込んでいるのもw

天野さん、一度は会ってみたかったな。。。
>ほんだしさん
会場に着いたら、いきなり「文句を言え」と言われてこちらが焦った記憶があります。個人的に話すつもりだったんですが、公の場で文句言わされました。
コンテストへの取り組みで、各人の入れ込みようが違うのでなかなか全ての意見を取り入れるのは難しいですよね。
しかしながら、この10年の間にかなり変質していきました。
もう水景ではなくなってしまいましたね。
天野尚プロデュースの最後のグランプリはどんな作品でしょうね。
  • じょえ
  • 2015/08/08 4:55 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

recent comment

recent trackback

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM