ADA LIGHT SCREEN for W60×36cm レビュー

  • 2017.12.28 Thursday
  • 22:12

まず最初にやったことは、水槽の解体。

年末だし、レイアウト崩れてたし、そろそろ次のコンテストへ向けて・・・いや、もうここ数年はただ出してるだけですけどね。

スダレ丸見えで、何とかしたかった。とはいえ、スクリーン貼りたくなかったし。



ただ、このライトスクリ−ン買う前に確かめたことがあったんですよ。

それはホラ、我々廃人の常用水槽って、アレじゃないですか、これこれ。



これのアソコはこんな事になってるでしょ。



制作時期によっては、土手の盛り上がりが・・・いや、この角の盛り上がりがスゴいのもあるんですよね。

という事は、このスクリーンの留め具が入らないこともあるかも。



ADAに確かめたら、検証してないってw
製品によって個体差があるので、何とも言えないってw

いやいや、すぐに確かめましょうよ。
全く使えないものか、もしかすると使えるものもあるようなのかぐらいは、すぐわかるでしょ。

ホントに手のかかる子。
ならばということで、人柱になってみました。

この金具、差し込み式でスポッと抜けるのかと思ったら、ねじ込み式でした。
無理矢理引きちぎりそうになった。(説明書に回すって書いてますね ↑ )



バラして、スクリーンの穴に入れてから水槽にセットします。



この穴に差し込みます。穴わかります? 角っこの長方形の色の薄いところが穴です。




この穴の部分が、スペリアの角の盛り上がったところからズレていれば、使用可となります。

ちなみに盛り上がったところだと、金具が入りませんでしたので、アウトです。

ドキドキしつつあてがってみると、どうやら大丈夫そう。




うむ、うまくセットできました。
金具が水槽のガラス厚より少し広いので、多少ガタつきはありますが、許容範囲内です。




ん?
なんかおかしいでしょ。

斜めってるでしょ。

そう、気になってたんですよ。

この電源コードのでてる場所。

入ったはいいが、別の問題が!




背面が絶壁仕様の水槽台でないと、この器具使いにくいです。
純正の水槽台使えよって事ですね。

もしくは、後ろギリギリいっぱいまでズラして無理矢理使う。

はい、後者採用。

バッチリ!!



ということで、めでたく保護シートの除幕式となりました。



う〜〜〜む、きれいなロゴマークは、やっぱり格好ええですな。




剥がした保護シートもったいないので、水槽台のガラス面に貼り付けてやりましたよ。

もうADA変態極まれりですね。

うっすらと・・・ADA



あのね10分もしないうちに、この指をおいてる部分熱くなってきてますよ。

電源コードがでている底辺部分全体がうっすらと熱いです。

熱いというよりか温い。

そう、例えればシートヒーターぐらいな感じ。



冬は底床の保温に良いかも。これは副産物的な機能ですね。

夏は常用しない方がいいかもしれません。

水無しで電気つけてみたけど、あんまりきれいでないですね。




あ〜グラデーションシート忘れてましたね。

静電吸着式なんですが、スペリアには少々使いづらいっすね。

まぁでも何とか装着。




いいすね。

スダレも見えないし。



水入れてみると、さらにこのライトスクリーンの効果がよくわかります。

はじめの状態、再び。


そして、出でよ!ライトスクリ−ン!!




これは良いっすな〜〜〜〜

ADA製品で今年のベストバイじゃなかろうか。


何も入れず水回してるだけでもご満悦なのでした・・・ポチッとな
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


 

コメント
私も60サイズ導入しました!
静電吸着弱くて引っ付きにくく、金具に引っかかってイライラしましたが(^^;
フィルムだけ別で売ってくれないですかねADA様(TT)
しょぼいレイアウトも少しはよく見える気がして気分良いです!
JOEさんのスペリア気になります(笑)
  • ms051215
  • 2018/01/24 8:33 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

recent comment

recent trackback

profile

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM