DOOAテラベースM

ちょっとでも間が空くと、もう何を書いていたか忘れてしまっています。

思い出すのにひと苦労。

ブログ書き始めてもう何年になるのだろうか・・・寄る年波を実感。

さて、ソルスタンドを買った際にもう一つ検証したいことがあったので、テラベースMも買いました。

これね。

実は、DOOAのサイトでテラベースの各サイズに対応するネオグラスエアが掲載されているのだけど、20*20*30のネオグラスエアには、Sサイズが対応するとなってる。

で、先日の記事の通り、Sサイズをセットしたのだけど、どうも空間が多いような気がして、もしかしてMサイズでも入るんじゃね?という事で、それを検証したかった。

もちろん、製品仕様で高さも書いてるので、数字上は入るはず。

それで、やってみた。

推奨通りだとこんな感じ。ちょっとスカスカでしょ?

そこへMサイズを入れてみると、こんな感じ。

ん?

なんか、いけそう。というか、上へ伸びる物入れなければ、この方が迫力ある展開になりそうな気がする。

という事で、セッティング。

ちょっとモスを買い足しておきました。3ポット買ったけど、結果的に4ポットは必要でした。

テラベース、結構モスを消費します。

あと、あしらいに流木を入れてみることに。

モスをひと通り巻き付けて、余ってるクリプトがあったので、ちょっと新しい提案。

ジャーナルに載っていたらごめんなさい。

最近、読んでません。
テラテープの斜め上の使い方。
クリプトをテラベースに!
こんなして、巻き付けて、着生・・・はしないかもしれないが、うまく成長してくれるんじゃ無いかと試してみます。
根っこをテラテープで巻いて、それをテラベースにくくりつける。
全体はこんな感じ。
全体的にもうちょっと上下にモスがあっても良いけど、3ポットではこれが限界。
いよいよ、ネオグラスエアに投入。
2つはちょっと窮屈かもしれないが、できないことはない。
光が回らない部分ができるので、それを計算して何も巻き付けないとかすれば案外うまくいくかも。
あと、グラスの中にちょこんとテラベースだけあってもつまらないので、またもや新しい提案。
あしらい流木。
まだ、クリプトあったので、こちらにも着生・・・しないかもしれないが、植え付けてみる。
テラテープに巻いて、流木にくくりつける。
この時、接地面にも必ずテラテープを巻いて、テラベースからしみ出してきたエラグラスの底面の水を吸い上げて、クリプトの根元に水を回す作戦。
徐々に水が吸い上がって、クリプトへ水分を供給。
うまくいくのか??
テラテープの無限の可能性に期待。
ネオグラスエアの20*20*30に、テラベースSとM、そしてあしらい流木1本を入れたので、さすがに窮屈。
もう一つネオグラスエア買ってもいいかな・・・と思ったが、地元の2店はもちろんのことアクア・テイラーズにさえも適当なネオグラスエアは売ってなかったから、なんか他の物を代用してみるか・・・と。
そこで、再び登場・・・・四次元ポケット!!!
これ、な〜〜〜〜んだ???
わかる人はかなりのマニアか老害。
まぁ、サイズ的にはいけそうか。
さて、年を越すか、それとも年内最終の更新があるのか・・・秘密のベールを脱ぐのは次回。
新旧入り乱れるこの展開は、天乃山ネイチャーアクアリウム研究所ならでは。
ポチッとな。
バナーちゃんと動いてるのか?
コメント

色々検索しているといつの間にかここにきていること数度ということで初めてコメントしました。
最近水上に興味出てきたところでこの記事参考になりました。
確かにソルスタンドもどこにもないしってことで共感できる部分多かったです。
また来ます。

  • mwsf
  • 2020/02/13 00:51